利点が多い小顔矯正【楽に見た目を変えられる】

顔のコンプレックス解消法

顔に触れる女性

簡単な施術方法について

小顔になりたい、顔の大きさを変えたい、シャープな顔つきになりたい、というような願望がある場合は、整形手術がおすすめです。整形手術には様々な方法があり、どのような悩みでも基本的に解決させることが出来ます。例えば、頬にエラが張っており、それが原因で顔が大きく見えてしまうという悩みの場合です。エラが張っている原因は、生まれつき骨が突出しているパターンと、筋肉が必要以上に発達してしまったパターンの主に二種類に分けられます。奥歯を強く噛みしめたときに耳の下にふくらみが出来る場合は、後者のパターンが考えられます。噛みしめた時に力がかかる咬筋が発達している証拠で、それによってエラが出来ているのです。この場合には、ボトックス注射と呼ばれる小顔矯正治療が有効です。ボトックスには、注入することで筋肉を弛緩させるという特徴があります。そのため、このボトックスを咬筋付近に注入することで、噛みしめ癖が治り、エラが徐々に消えていくという効果が期待出来ます。施術は注射を一本打つだけですので、とても簡単ですぐに終わります。術後すぐ効果が出るわけではなく、およそ三、四週間程度経つと徐々にエラが消えていきます。その後、ゆっくり時間をかけてさらにシャープな顔つきになっていきます。効果において最初は半年程度ですが、効果が切れたと感じた時に繰り返し施術を行うことで、効果の継続期間も伸びていき、また筋肉そのものも縮小していき綺麗な小顔矯正が出来るようになります。料金も安く、気軽に出来るため人気の方法です。ボトックス注射は、小顔効果だけではなく、噛みしめ癖が治ることによる歯ぎしりの矯正、またしわの改善などの効果も期待出来ます。筋肉を弛緩させるということに恐怖を抱く人もいますが、顔を動かせないほどに力が入らなくなるわけではないので、安心出来ます。他にも小顔矯正には様々な方法があります。例えば、顔の脂肪を吸引するという方法です。この方法は、顔の脂肪が多くて顔が大きく見えてしまっている人、肥満気味の人、頬がふっくらして悩んでいる人におすすめです。顔の大きさに影響を与えているのは骨格がほとんどと考えている人も多いですが、実は、脂肪の量も大きく関係しているのです。余分な脂肪を特殊な機械を使って吸引し、シャープなラインを作り出します。一昔前までは、術後に痛みや腫れが出ることが多いとされていましたが、近年ではメソシェイプフェイスと呼ばれる方法が一般的にとられており、この方法だと痛みや腫れを感じることはほとんどありません。ボトックスと同じく注射を一本打つだけなので簡単で、また脂肪そのものを溶かしてしまう方法になるので、リバウンドの心配もありません。このように、小顔矯正のための整形というのは、必ずしもメスを使って手術を行う、何日か入院が必要、というようなものではなくなってきています。注射一本打つだけで、顔の大きさのコンプレックスを簡単に解消させることが出来るのです。顔の大きさや脂肪に悩んでいる人は、まずはぜひ美容整形外科にてカウンセリングを受けてみましょう。自分に合った小顔矯正で、自分に自信を取り戻してみてはいかがでしょうか。