利点が多い小顔矯正【楽に見た目を変えられる】

自分に合う方法

女性

様々な方法があります

顔が大きく見えてしまうと、似合う髪形がなかったりスタイルが良く見えなかったりなど様々な弊害がありますので、小顔に憧れる女性は多くいます。しかし、メイクや髪形で毎日カバーするのは限界がありますし、ローラーなどのアイテムも、長期間根気強く使用を続けないとなかなか効果を得ることが出来ません。そこで、小顔になるために、美容整形を受ける人は増えてきています。美容整形ですと、短期間で確実にコンプレックスを解消させることが出来ますし、ローラーのように自分で何か努力を続けなくてはならない、というようなこともありません。一度の治療ですぐに効果を得ることが出来るので、近年人気を博してきています。さて、小顔矯正のための整形方法の一つが、リフトアップと呼ばれる手術です。リフトアップ手術では、たるんでしまった顔の皮膚を特殊な糸などを使って引き揚げて、たるみを解消することで小顔にさせる方法です。従来はメスを使う大きな手術が必要でしたが、最近ではメスを使わない、切らないリフトアップ手術というものが人気で、気軽に行えると多くの人が実践しています。もう一つが、脂肪注入と呼ばれる方法です。この方法は、特にアゴのあたりを小さく見せたい、という人におすすめの方法で、まずはアゴ付近にある余分な脂肪を、特殊な注射器を使って吸い上げます。吸い上げた脂肪を、今度はアゴの先端へと注入してきます。そうすることで、余分な脂肪がすべてアゴに集約されることになり、アゴは綺麗に伸びて見えますので小顔矯正が可能になります。
小顔矯正の方法で、一番人気といっても過言ではないのが、ボトックス注入と呼ばれる方法です。ボトックスとは、ボツリヌス菌と呼ばれる菌から作られた成分で、体の中に注入すると、注入した部分の筋肉を弛緩させるという特殊な働きをします。この働きを利用することで、エラ張りをなくすことが出来、最終的に小顔矯正が可能になります。頬にエラが張っていると、顔が大きく見えてしまいます。その原因は、咬筋と呼ばれる筋肉の異常発達です。咬筋はものを噛んだときなどに使われる筋肉で、常に歯を噛みしめてしまう癖がある人などは、特に発達しやすい傾向にあります。咬筋が発達して、少しずつ頬が出てきしまうようになるのです。そこで、ボトックスを咬筋に注入すると、噛みしめる筋肉がゆるんで、徐々にエラがなくなっていきます。効果は半年程度持続するので、1年に二回程度の通院を続けるだけで、小顔をキープすることが出来ます。ただし、咬筋の発達が原因ではなく、もともと骨格的にエラが張って顔が大きく見えてしまっている人は、骨を削る手術が必要なこともありますので覚えておきましょう。このように、小顔矯正の方法は様々あります。まずは医師とのカウンセリングを行い、自分の顔コンプレックスを正直に話し、最善の方法を見つけることが大切です。手術の方法によって料金や効果の度合いも大きく違ってきますので、カウンセリングはしっかり行うようにしましょう。自分にぴったりの小顔矯正方法を見つけ、顔コンプレックスを解消し自信を取り戻しましょう。